名刺の必要性

名刺は大人の必需品ですが、なぜ必要になるのでしょうか?さまざまな理由がありますが、一番大事なことは、自分の情報を相手に正確に伝えるためだと言われています。とても大事な名刺を作成する時に重要なポイントを一緒に見ていきましょう。

名刺作成時のポイント

サイズを確認する

名刺にはいくつかのサイズがあります。日本と外国でも主流となっているサイズが違います。日本では、名刺サイズ(4号)が多く利用されています。このサイズにしておけば間違いはないでしょう。

レイアウトを考える

名刺にとってレイアウトはとても大事です。何を優先して伝えたいのかを考えると、簡単に決めることができるでしょう。より伝えたい情報を、名前の近くや目立つ場所に配置することが大事です。

フォントを決める

フォントもレイアウト同様に大事です。名刺の印象を左右する項目なので、こだわりましょう。あまりにも主張の激しいフォントは、相手に良い印象を与えることが少ないので、避けるようにしましょう。

全体的なバランスを確認する

レイアウトとフォントを決めたら、名刺ができあがります。最後に全体的なバランスを確認します。レイアウトに対してフォントがおかしいなど、印象に異変を感じたら、変更を加えるようにしましょう。妥協しないことが大事です。

名刺作成のポイントや必要性について解説!

名刺を持つ人

名刺に使われる紙

名刺には、さまざまなタイプがあります。オーソドックスな名刺に使われる紙の素材は、マットが多いです。特殊なデザインの名刺を作る時は、写真のように光沢のある紙に印刷することもできます。また、最近では透明な紙を利用した名刺なども登場してきています。

名刺

名刺は見られている

できるビジネスマンは、いい名刺を持っていると言われてるほど、名刺のデザインは重要です。名刺はその人を表す分身なので、適当なデザインの名刺を渡しても、名前を知ってもらうどころか悪い印象を与えてしまうこともあるでしょう。

男性

クオリティの高い名刺

外注をすることで、自分で作るよりクオリティの高い名刺作成が可能です。自分でデザインを決めて、名刺印刷のみを外注することもできます。ですが、クオリティの高い名刺を作りたいなら、デザインも任せてしまった方がいいでしょう。

名刺制作は外注がおすすめ

綺麗にまとまった名刺を持っているとそれだけで好印象を与えることができます。そのため、外注にデザインから印刷まで任せるといいでしょう。また、他に外注したほうが綺麗に仕上がるものとしてマグネットシートや紙袋が挙げられます。印刷から加工まで一手に引き受けてくれるので、ほしい紙袋やマグネットシートがすぐに手に入ります。なお、通販サイトから簡単に申し込めることも多いので、わざわざ店舗に出向かなくても作成できます。そして、プロの印刷業者に依頼することで、デザインにこだわることも可能ですし、マグネットや紙袋の質にもこだわることが出来ます。また、デザイン案が思い浮かばず困ったと言う場合は、デザインのプロに依頼することが可能です。

広告募集中